金属メッシュを左官で活用 その2

金属メッシュを左官で活用 その2

金属メッシュを左官で活用 その2

デザインメッシュ、模様の付いた金属の金網を左官の中に入れてみる試作。

前回のその1はこちら
ただ今開発中「金属メッシュで左官を活用」のページへ

メッシュが薄いこともあり、当社のセメント系仕上げ材「ポリーブル」の中に入れてみました。

当社のセメント系仕上げ材「ポリーブル」の中にサンドイッチするように金属メッシュを埋め込んでいます
材料の間にサンドイッチするように金属メッシュを埋め込んでいます。

アップにするとうっすらと金属メッシュが見えています
アップにするとうっすらと見えています。

それを研磨してみます。

最近、活躍しているオービットサンダー
ペーパーは#180くらいで研いでみます。

ポリーブルに埋め込んだ金属メッシュをオービットサンダーで研ぎ出します

仕上がりはこんな感じです。

仕上がりはこんな感じです

仕上がりはこんな感じです

メッシュのクセが少しついているので、均一に出るというよりは
ところどころ、強い部分、弱く出る部分があります。
金属メッシュが見えるのに触るとツルツルで不思議な感触。

金属メッシュが見えるのに触るとツルツルで不思議な感触。

現在、当社のサカンライブラリーに展示してあります。

現在、当社のサカンライブラリーに展示してあります。

現在、当社のサカンライブラリーに展示してあります。

是非一度、実物をご覧になってください。

別のデザインメッシュについてはこちら
ブログ「ポリーブル デザインメッシュ埋め込み仕上げ」
http://www.haradasakan.co.jp/4446/

PAGEの先頭に戻る