最適な住宅内装を提案

最適な住宅内装を提案

左官施工店のこだわり
大切な家だからこそ、左官仕上げを提案します。

■様々な塗り壁をご要望にあわせてご提案

近年、健康壁として左官の魅力が話題になっています。その結果新築住宅やリフォーム工事などで調湿効果のある左官工事がどんどん増えています。

この時代の流れを踏まえ、様々な機能を持つ塗り壁素材が出てきています。が、これらの素材は特徴が有り、必ずしもお客様が求めている性能と合致しない場合が有ります。

高ければいい?有名メーカーだからいい?全てのお客様がそうとは限りません。原田左官はお客様が何を塗り壁に求めているのかを専門スタッフがヒアリング。その結果、お客様が望む最良の塗り壁を提案いたします。

■左官施工店のこだわり

  • 左官施工店のこだわり1
  • 左官施工店のこだわり2

原田左官は「左官施工店」です。「このメーカーのこの素材しかオススメしない」と言う左官屋ではありません。国内外の様々な左官素材を扱っていて数多くの引き出しを持ち、新素材・新工法を常に考える「前進する左官職人集団」です。

 お客様の希望が第一。自己満足で完結させる職人集団では有りません。あくまでもお客様の希望を優先にして最良の壁を施工いたします。

 施工範囲も部屋の一面のアクセント壁や和室ひと部屋の塗り替え等の小規模なリフォームから新築住宅まで幅広く対応いたします。

■原田左官は多くの左官資材の施工特約店・指定工事店です。

原田左官は多くの左官資材の施工特約店・指定工事店です。メーカーとの共同の技術講習会も随時行っており、確かな技術ときめ細やかな配慮でお客様のご要望にお応え致します。

指定工事店(一部)
四国化成工業株式会社・アイカ工業株式会社・株式会社エービーシー商会・株式会社ドゥカーレ・フジワラ化学株式会社・株式会社フッコー 他

原田左官がオススメする2つの壁

原田左官では以下の2種類の壁をオススメしています。いずれも素材の原材料の違いですが、どの素材にも現在注目されている調湿・消臭効果、ホルムアルデヒド分解効果を備えていて魅力的な壁です。それぞれの壁は製法により特徴が違います。詳しくはお問い合わせいただければと思います。

■漆喰

漆喰

漆喰は石灰が主成分の左官材料です。実際に施工する際にスサや糊を加えて塗ります。奈良などに現存する古墳にも使用されている他、城の外壁に使用されるなど日本人と一番つながりの長い塗り壁材料と言えます。

近年、漆喰の有力な性能である「殺菌効果」が注目されています。漆喰は強アルカリ性のために殺菌効果が高く、湿気の多いカビの生えやすい部屋などにはオススメです。また、調湿効果も有り、室内環境の改善に注目されています。

最近では白以外の色を付けた漆喰、そして塗りパターンも付けられる漆喰も登場しており、様々な要望に応えられる漆喰も出ています。

■主要漆喰材料

塗り壁の力「漆喰の良さ」について見る

■珪藻土

珪藻土

珪藻土は海に生息する珪藻というプランクトンの死骸が堆積したものです。主成分は珪酸質(シリカ)で、直径0.1から1ミクロンの穴があいており、そこに水や空気を取り込むため、調湿や脱臭、そして耐火性能などの機能が有ります。

多孔質ゆえに、珪藻土は蓄熱性と断熱性も備えていています。伝統的な京壁に珪藻土を含むものも発売されており、伝統的な風合いの中により調湿効果を持たせた壁も出ています。

■主要珪藻土材料

四国化成工業「けいそうモダンコート」
フジワラ化学「シルタッチ」

塗り壁の力「珪藻土の良さ」について見る

住宅専門スタッフによる多彩な提案。あなたのこんな壁がいいをカタチにします。

  • 多彩な提案1 漆喰(スイス漆喰)。
    一面のみ色を着色。アクセントを出しました。
  • 多彩な提案2 京壁。伝統的な土壁もおまかせください。
  • 多彩な提案3 モルタルかき落とし仕上げ。伝統的な工法も室内との調和でモダンな雰囲気に。
  • 多彩な提案4 珪藻土。天井と壁を施工する事で環境性能の高い空間になります。
PAGEの先頭に戻る