×
×

原田左官ブログ

ポリーブル・モルタル パターンローラーを使用した模様付け仕上げ

ポリーブル・モルタル パターンローラーを使用した模様付け仕上げ

投稿日:2020年07月30日 (木)

左官や塗装仕上げの模様付けの中でパターンローラーによる仕上げというものがあります。
昔は同じような模様しか付けられなかったですが、今はローラーにもバリエーションがあり、多様な模様付けが出来ます。

今回はそんなパターンローラーを使った見本のご紹介です。

こちらはモルタルにパターンローラーをかけた例。

モルタル+パターンローラー1の見本板。原田左官
(原田左官 モルタル+パターンローラー1)

塗ってすぐ、モルタルが柔らかいうちにローラーを通したものがこちら。
ローラーにモルタルがくっつくので、このように柄が際立って見えます。


ローラーを通すタイミングを変えたものがこちら。

モルタル+パターンローラー2の見本板。原田左官
(原田左官 モルタル+パターンローラー2)

少しモルタルが締まってからローラーを通したため、おとなしい柄の仕上げになっています。
ローラーを通すタイミングを変えれば、このようによりおとなしい柄にすることも出来ます。

モルタル+パターンローラー3の見本板。原田左官
(原田左官 モルタル+パターンローラー3)

ツルっとした表面のポリーブルという材料で仕上げるとこちら。

ポリーブル白+パターンローラーの見本板。原田左官
(原田左官 ポリーブル白+パターンローラー)

ポリーブル白+パターンローラーの見本板。原田左官

ピカピカな肌の中に凹んだ柄が付いています。

このように左官仕上げに表情が加えられるローラー仕上げ。
新しい左官の仕上げとして使ってみてはいかがでしょうか?

今までにない磨き仕上げ「ポリーブル」について
詳しくはこちらから
WEBカタログ:ポリーブル
https://www.haradasakan.co.jp/webcatalog/webcataharada/webcatapolible/

同一カテゴリーの記事を読む

PAGEの先頭に戻る