×
×

原田左官ブログ

ものづくり匠の技の祭典2016

ものづくり匠の技の祭典2016

投稿日:2016年08月25日 (木)

8月10日~12日に東京国際フォーラムで日本を支えている匠の技を集めた祭典が行われました。
このイベントは衣・食・建・暮・工のさまざまな分野の技術を見て、体験できるイベントです。

東京といえば次のオリンピックの都市として決定しており、日本だけでなく海外の方へも
匠の技をPRしようと2020年までこれから5年間続けるイベントになっています。
その記念すべき第一回のオープニングを左官が飾りました。

日本を代表する左官 挟土秀平さんがオープニングアクトとして、
飛騨高山の赤土壁に鏝で題字を書きます。

オープニングアクトに合わせ、東京の左官組合が協力しキャンバスに見立てた赤土壁を塗り、仕上げます。

blog_takumiwazasaiten_01

blog_takumiwazasaiten_02

もうその時点から会場は熱気に包まれました。

左官が鏝を通し、平らな壁を仕上げる
我々にとっては普段の当たり前の技術ですが、
会場に集まったお客様は注目し、緊張感をもって真剣に見ていました。

blog_takumiwazasaiten_03

普段、左官が塗っているところを見ていただく機会は少ないですが、
左官は塗るところが面白く、そしてかっこいいです!

そんな左官の良さを1000人以上の観客にご覧いただけたのが非常にうれしかった。

壁が仕上がったら、NHK「真田丸」のテーマ曲に合わせて挟土秀平さんが登場。
blog_takumiwazasaiten_04

一気に仕上げていきます。
blog_takumiwazasaiten_05

blog_takumiwazasaiten_06

blog_takumiwazasaiten_07
仕上げた文字は
「手 技 職」

これからの日本において大事なテーマだと感じました。

blog_takumiwazasaiten_08

忘れているかもしれませんが、日本人であれば誰でも人の手で真心を込めて作ったものの良さは
わかると思います。それを改めて思い出してもらう、外国の方にも知ってもらう。

大勢の方に左官の良さを再認識していただく。
こういう機会が増えるとうれしいです。

同一カテゴリーの記事を読む

PAGEの先頭に戻る