×
×

原田左官ブログ

珪藻土仕上げ プラスαの表現 室内壁に施工

珪藻土仕上げ プラスαの表現 室内壁に施工

投稿日:2019年10月14日 (月)

室内壁で珪藻土仕上げを施工しています。

室内壁に珪藻土仕上げを施工しているベテラン職人Fさん、手前は足場
(室内壁 珪藻土仕上げ)

仕上げ見本はこれ。

珪藻土アレンジバージョンの仕上げ見本
(珪藻土 アレンジバージョン 仕上げ見本)

実はこれ。
通常の珪藻土仕上げではありません。

どこが違うかというと、
通常の珪藻土よりも砂の肌をしっかり立たせた仕上がりになっています。

珪藻土アレンジバージョンの仕上げ見本、斜めにして砂の肌の見せている画像

通常の珪藻土よりも少し引き締まって見えます。
既製品をそのまま使うのではなく、プラスαの表現が出来るのが左官の醍醐味!

今回の現場では当社の提案を採用していただき、
この砂の肌がしっかり立った珪藻土仕上げを行います。

通常の珪藻土に専用骨材をプラスし、砂の肌がしっかり出るように材料を作ります。

珪藻土材料に骨材を入れ混ぜている様子
(珪藻土材料 骨材多め)

通常の倍くらい骨材が入っています。


施工を担当するのは
1枚目の写真のベテランHさんと
女性職人Fさん、新人の女性見習Hさん。

原田左官の左官職人Fさんと見習いのHさん。室内壁について打ち合わせをしている様子
(原田左官 左官職人Fさん、新人Hさん)

通常と違う配合なので鏝波が残らないよう、慎重に仕上げていきます。

室内壁に珪藻土仕上げを施工している左官職人Fさん
(原田左官 Fさん)

砂の肌が綺麗に揃うように2人でよく見て仕上げていきます。

室内壁に珪藻土仕上げを施工しているHさんとFさん
(原田左官 Hさん、Fさん)


1面ずつ、仕上がってきました。

珪藻土アレンジフラット仕上げの室内壁
(珪藻土 アレンジ フラット仕上げ)

まだ照明がついてないところは仮の照明を当てて仕上がりの肌を見ます。

室内壁を塗った状態で仮の照明を当てて仕上がりを見ている場面。壁は珪藻土アレンジフラット仕上げ

珪藻土アレンジフラット仕上げの室内壁。施工完了した状態。右からのアングル

珪藻土アレンジフラット仕上げの室内壁。施工完了した状態。正面からのアングル

いかがでしょうか?

いつも使っている珪藻土もプラスαすることで表現の幅が広がります。

左官という仕事。
まだまだ奥が深いですね。

同一カテゴリーの記事を読む

PAGEの先頭に戻る