原田左官ブログ

原田左官ブログ - 夢とロマンを持って仕事をしています!

ブログ一覧

投稿日:2017年08月21日 (月)

■谷中TAYORI施工

谷中TAYORIの現場施工。

試作をした結果、仕上げは当社のムラリオ(MURARIO)に決定しました。
この材料は黒ベースの素材に色を重ねることで深みのある風合いを作る左官仕上げ。
今回は特注色で濃紺のムラリオで仕上げることになりました。

  • ムラリオリーフレット表紙
  • ムラリオリーフレットサンプルページ 

(ムラリオ リーフレット)

・ムラリオのWEBカタログはこちら
http://www.haradasakan.co.jp/webcatalog/webcataharada/webcatamurario/

施工はベテラン中島さんと2年目の熊崎君の2人。

施工中のベテラン職人さん

施工中の職人さん

熊崎君も中島さんの指導の下、緊張しながらも仕上げの鏝を動かしていきます。

次回は完成をお伝えします。

投稿日:2017年08月17日 (木)

■谷中TAYORI 住宅をリノベーション

谷中HAGISOで有名なHAGISTUDIOの宮崎様にお声がけいただき、
谷中の住宅のリノベーションに参加をしました。

谷中HAGISOで有名なHAGISTUDIOの宮崎様にお声がけいただき、谷中の住宅のリノベーションに参加をしまし

この現場は、木造住宅を「Hatsunean」という施設にリノベーションする工事。
そのなかに「TAYORI」というお惣菜カフェが入る場所に原田左官が携わりました。

現場内部はこのような感じ。
(どんな仕上げでも対応できるように左官で一度、下塗りされていました。)

施工前の現場内部

施工前の現場内部

設計の宮崎様から、この和室の空間を塗り壁で、1面だけはムラのある磨き壁にしたいというご要望を頂きました。

この壁。

施工前の現場内部。この壁をムラのある壁に仕上げます

この壁をムラのある壁に仕上げます。

まず、当社の在庫のサンプルを壁にあててみて、印象を見ます。

施工前の現場内部。黒が少し強い印象があった

黒が少し強い印象があったので、色とムラ感を調整して、再度サンプルを作ります。

谷中は当社から徒歩圏内。
地元の工事は後から自分たちもお客さんになれるため、楽しんで仕事が出来ます。
近頃は谷根千(谷中・根津・千駄木)と言われるようにこの地域が注目されています。
谷中の魅力を伝えられる場所が出来るよう頑張ります!

投稿日:2017年08月14日 (月)

■蔦屋家電 版築仕上げ

今回は以前施工した現場のご紹介です。

二子玉川の蔦屋家電で塗り版築仕上げを施工しました。
蔦屋家電とは書籍・家電だけでなく、ライフスタイルを提案しているお店。

グリーンコーディネートのお店で塗り版築仕上げを行いました

当社はこの中のグリーンコーディネートのお店で塗り版築仕上げを行いました。

柱を塗り版築仕上げ、土っぽい素朴な風合い

柱を塗り版築仕上げ。
土っぽい素朴な風合いがグリーンに合います。

ディスプレイ台の立ち上がりにも塗り版築仕上げを行いました

ディスプレイ台の立ち上がりにも塗り版築仕上げを行いました。

塗り版築仕上げのディスプレイ台の立ち上がり、左官で作る柔らかい曲線がやさしい印象

塗り版築仕上げのディスプレイ台の立ち上がり、左官で作る柔らかい曲線がやさしい印象

左官で作る柔らかい曲線がやさしい印象を与えています。

お近くの方は是非、ご覧ください。

塗り版築仕上げWEBカタログはこちら
http://www.haradasakan.co.jp/webcatalog/webcataharada/webcatanurihan/

投稿日:2017年08月10日 (木)

■モルタル造形講習会に参加

ギルトセメントさんのモルタル造形講習会に参加しました。

ギルトセメントさんのモルタル造形講習会に参加しました

今回は当社の福吉さん、高橋さんの女性2名での参加です。

今回の講習のお題は、朽ち果てたレンガ下地の壁。
まずはモルタルを塗り付け、型どりやカービングを行い、造形していきます。

モルタルを塗り付け、型どりやカービングを行い、ギルドセメントを塗り付けた壁

ギルドセメントを塗り付けたのち、

専用の型でレンガ模様を成形

専用の型でレンガ模様を成形し、

目地を削り

目地を削り、

クラックも入れ、よりリアルなものにしていきます

クラックも入れ、よりリアルなものにしていきます。


剥がれ落ちた壁の部分は一度塗り込んで、実際に剥がします

剥がれ落ちた壁の部分は一度塗り込んで、実際に剥がします。

剥がすことでリアルな朽ちた壁を表現

これはヨーロッパなどにある古い壁で、煉瓦下地にプラスターをかけたものが剥がれ落ちた壁を再現しているのですが、剥がすことでリアルな朽ちた壁を表現するのですね。

新たな発見でした。

割れた煉瓦を表現する部分では割れた断面は違う色を入れて、本物感を出します。

割れた煉瓦を表現する部分では割れた断面は違う色を入れて、本物感を出します。

最近、広告業界などで人の感覚を刺激する美味しそうな感じを「シズル感」というそうですが、この壁が朽ち果てていく感じをどう言葉で表現していけばよいのでしょう。

今回の講習で製作した壁は会社に持ち帰って飾ってあります。

今回の講習で製作した壁は会社に持ち帰って飾ってあります。

今回の講習で製作した壁は会社に持ち帰って飾ってあります。

今回の講習で製作した壁は会社に持ち帰って飾ってあります。

やはり厚みのある壁は印象が違いますね

やはり厚みのある壁は印象が違いますね。

講習を受けたギルドセメントは造形用のモルタル材なので、擬岩や擬石・擬木もできます。

講習を受けたギルドセメントは造形用のモルタル材なので、擬岩や擬石・擬木もできます。

講習を受けたギルドセメントは造形用のモルタル材なので、擬岩や擬石・擬木もできます。

分厚く塗って表現をする。
これも左官の魅力の一つですね。

投稿日:2017年08月07日 (月)

■オルトレマテリア 夏のイメージサンプル

夏なので、爽やかなイメージのサンプルを作りました。

白と青のオルトレマテリア仕上げ。夏のイメージの見本

基材はイタリアの左官材「OLTREMATERIA(オルトレマテリア)」。
オルトレマテリアは豊富なカラーも魅力の一つ。
今回は表面に色を付ける顔料、エココロールを使用し、夏のイメージのサンプルを作りました。

顔料の名前はEcocolor Mare。

青い液体顔料。名前はエコカラーマーレ
(Ecocolor Mare 深い青さが特徴です。)

Mare(マーレ)とは日本語で海という意味です。
深い海のように青が強い顔料。こういう顔料はなかなか日本には無いですね。

中央にオルトレマテリアの海の波のイメージのサンプル

表面をさざ波のように立たせた白のオルトレマテリアにMareを部分的に色付けることで海の波のようなイメージを持たせました。

中央にオルトレマテリアの海の波のイメージのサンプル 正面のアングル

中央にオルトレマテリアの海の波のイメージのサンプル 下からのアングル

当社のサカンライブラリーに期間限定で飾ってあります。
夏にぴったりの仕上げです。

投稿日:2017年08月03日 (木)

■オリジナル漆喰「フルーフレ」 家族の手形を記念に残せます。

今日はちょっと微笑ましいひとこまを。

漆喰に二つの手形

都内のリフォーム現場、1階LDKから階段吹き抜け、2階廊下までを原田左官オリジナル漆喰フルーフレにて施工させていただきました。
お施主様ご夫妻と2人のお子さんがお住まいになります。
記念に手形を残したいということで、フルーフレを施工中にご家族でいらっしゃいました。

まずはかわいらしいご兄弟から。

兄弟2人が漆喰の壁に向かって手を押し当てて手形を付けている

緊張気味だったのか、ちょっと無口になっていましたが(笑)、仲良く並んで、ご両親がびっくりするほど綺麗な手形が取れました。

漆喰の壁に兄弟2人の手形
(お子さんたちの手形がこちら)

続いて奥さま、

お母さんが漆喰の壁に向かって手形を付けている

そしてご主人さまもペタリ。

お父さんが漆喰の壁に向かって手形を付けている

生の漆喰を素手で触るというのはなかなか無い体験。感触を楽しんでいらっしゃいました。

漆喰の壁に家族4人の手形
(ご家族4人の手形が完成しました。)

左官は現場で人の手で作る仕事なのでこんなことも出来ます。
思い出作りのお手伝い、ご希望ありましたらぜひお声かけください。

投稿日:2017年07月31日 (月)

■ジョリパットカタログに掲載 両国江戸NOREN

ジョリパットの2017年度版カタログ

ジョリパットの2017年度版カタログ表紙

今回はこの表紙にもなっているローラーパターン
「ブルックリンウォール」がかなりいいですね。

ジョリパットローラーパターン6種類

当社の施工した両国の江戸NORENの特殊校倉仕上げも施工例として掲載されました。

両国の江戸NORENの特殊校倉仕上げ、左が外観壁面、右が紋の入った校倉仕上げの壁アップアングル

この現場では特殊な型を使用し、校倉模様の中にお寿司や徳利などの紋を入れて仕上げています。

お寿司や徳利の紋が入った特殊校倉仕上げ壁施工中の様子

お寿司や徳利の紋が入った特殊校倉仕上げ壁施工中の様子

施工中の模様。

お寿司や徳利の紋が入った特殊校倉仕上げ壁施工後

両国の江戸NORENの特殊校倉仕上げ施工後

壁の中に上品に紋を入れることが出来ました。

場所は両国 江戸NORENという商業施設です。
両国に行く機会がありましたら是非一度、ご覧ください。

投稿日:2017年07月27日 (木)

■塗り版築仕上げ 見本作成

原田左官オリジナルの「塗り版築」仕上げ。
http://www.haradasakan.co.jp/webcatalog/webcataharada/webcatanurihan/

おかげさまで色々なところにご採用頂いております。

マンションエントランスの塗り版築壁

マンションエントランスの塗り版築壁

商業施設の塗り版築壁

マンションのエントランスや商業施設だけでなく、

住宅外壁の塗り版築壁

住宅外壁の塗り版築壁

住宅の外壁にも使用いただいています。

今回はその塗り版築仕上げの見本作成をしています。


塗り版築仕上げの見本作成


塗り版築仕上げの見本作成

塗り版築仕上げの見本作成

この仕上げは一層の巾、骨材の粗さ、色味、層の揺らし方などなど
仕上がりのバリエーションが幅広いため、サンプルによる仕上がりイメージのすり合わせが重要になります。

サンプルを見てお客様と当社の職人のイメージをすり合わせする。
満足いく仕上げをするためには欠かせない作業です。

投稿日:2017年07月24日 (月)

■そば殻入り砂壁仕上げ

先日、ただいま開発中ページでもご紹介した
「そば殻入り左官仕上げ」
砂壁にそば殻を練り込んで仕上げました。


サンプル作成の模様はこちら
ただいま開発中1「そば殻入り仕上げ」
ただいま開発中2「そば殻入り左官仕上げ 完成」


完成の写真です。

そば殻入り砂壁。そば殻がところどころ見え隠れし、上品に仕上がりました。

そば殻がところどころ見え隠れし、上品に仕上がりました。

そば殻入り砂壁。そば殻がところどころ見え隠れし、上品に仕上がりました。

そば殻入り砂壁。アップの画像
アップの写真がこちら。

左官仕上げはこのようにカスタムメイドが得意です。

お客様に合わせてオリジナリティーあふれる仕上げを行うことが出来ます。
あなたのアイデアで、新しい左官仕上げを開拓してみてはいかがでしょうか?

投稿日:2017年07月20日 (木)

■東京FM「クロノス」に出演

代表の原田です。
東京FMの朝の情報番組「クロノス」に出ます。

東京FMの「クロノス」ザ・スターターズのコーナーで出演します

「クロノス」ザ・スターターズのコーナーで出演します。
当社で古い慣習を打ち破って若手を積極的に育成していることや女性が入ったことによる変化、
これからの左官業についてお話ししたいと思っています。

パーソナリティーの中西哲夫さんはご存知のように元Jリーガー。
モデリングというビデオを見て習うスポーツにも通じる訓練方法に興味を持っていただけると嬉しいなと思っています。

当社の事例ですとGINZA SIXや銀座東急プラザ、新宿NEWoManなど有名な店舗で左官仕上げを行っています。
皆さんが目にしているところでも無意識のうちに左官を目にしていることが多くなっています。
それを左官仕上げと知ってもらうことで、仕事を増やし、左官を目指す人も増やしていきたい。
この放送を機会に左官が世の中に認知され、左官が増え、左官を目指す人も増えていくと私としてもうれしいです。

よろしければお聴きください。

放送日: 2017年7月18日 AM8:45頃から 東京FM「クロノス ザ・スターターズ」
     2017年7月25日 AM8:45頃から 東京FM「クロノス ザ・スターターズ」
※2週連続の放送です。
番組HPはこちら http://www.tfm.co.jp/starters/

東京FMの「クロノス」ザ・スターターズのコーナーで出演、真ん中が代表の原田、左側が番組パーソナリティーの中西哲生さん、右側が高橋万里恵さん

中西哲夫さん、高橋万里恵さんと記念撮影をしていただきました。
ありがとうございました。

1 / 1712345...10...最後 »
PAGEの先頭に戻る