×
×

原田左官ブログ

ビールストーン 白い骨材の比較

ビールストーン 白い骨材の比較

投稿日:2020年07月02日 (木)

割れにくい強靭なテラゾ仕上げ「ビールストーン」。
様々な骨材を入れることで無限ともいえる仕上げバリエーションがあるのも魅力です。
今回は白い骨材の比較です。
ビールストーンの代表的な白い骨材というと寒水石・白竜という日本のものから
ビアンコカララ・ビアンコベローナなど外国のものなど6種類くらいあります。

原田左官ビールストーン白い骨材
(原田左官 ビールストーン 白い骨材)

白と言っても並べて比較するとグレーがかっていたり、黄色がかっていたりと違いがあるんです。

これらを比較できる見本を作成しました。

ビールストーンの白い骨材比較見本
(ビールストーン 白い骨材比較見本)

骨材を上に載せてみるとこのようになります。

ビールストーンの白い骨材比較見本

寒水石は石が大きくなると少し黄味がかっていて、白竜はグレーです。
ビアンコカララもすこーしだけグレーがかっていますね。
ビアンコベローナはこの中では黄色が強め。
マダガスカル、タソスは両方とも白いですが、比べると若干タソスの方が白さがあるように見えます。

当社の1Fサカンライブラリーに展示してありますので、
是非、実物でこの色の違いをご確認いただければと思います。

ビールストーンの白い骨材比較見本

サカンライブラリーは現在予約制になっておりますので、
お手数ですが、下記フォームよりご入力いただき、お問い合わせください。
お仕事に関するお問い合わせページ
https://www.haradasakan.co.jp/contact/works_form.php

同一カテゴリーの記事を読む

PAGEの先頭に戻る