×
×

原田左官ブログ

ビールストーンでアール形状カウンターに施工

ビールストーンでアール形状カウンターに施工

投稿日:2021年09月20日 (月)

管理の堀越です。
今回は「ビールストーン(BEAL STONE)」の施工例を紹介します。
「ビールストーン(BEAL STONE)」は割れにくく強靭で、様々な骨材を入れられますので無限のバリエーションがあるのが特徴です。
今回は飲食店のカウンターに施工します。下地は木工です。

木工下地
(木工下地)

アールの付いた、木工下地にも施工ができるのは「ビールストーン(BEAL STONE)」の魅力の一つです。

木工下地に塗りつけたビールストーン
(ビールストーン塗りつけ)

「ビールストーン(BEAL STONE)」を塗りつけ、研磨作業に入ります。

ビールストーン研磨作業
(ビールストーン研磨作業)

ビールストーン研磨作業中のアール形状カウンター

8工程の研磨作業で完成です。今回はすいか色のガラスを入れています。

すいか色ガラス入りビールストーン施工のアール形状カウンター
(すいか色ガラス入りビールストーンカウンター)

すいか色ガラス入りビールストーン施工のアール形状カウンター

すいか色ガラス入りビールストーン施工のアール形状カウンター

すいか色ガラス入りビールストーン施工のアール形状カウンター

すいか色ガラス入りビールストーン施工のアール形状カウンターの小口

「ビールストーン(BEAL STONE)」を使用すれば、こんなアール形状の施工も可能になります。

今回はすいか色のガラスを混入しておりますが、瓶のガラスなどを再利用することで、サスティナブルに向けた取り組みも実現が可能になります。
他にも「ビールストーン(BEAL STONE)」には金属や様々な石、タイル等も入れられますので、是非お問い合わせください。

Webカタログ:ビールストーンページはこちら
https://www.haradasakan.co.jp/webcatalog/webcatbealstone/


この記事を書いた人
堀越孝志

有限会社原田左官工業所 工事管理部部長 堀越孝志
一級左官技能士/一級タイル技能士/左官・タイル基幹技能者
東京都タイル煉瓦工事工業協同組合理事/職業訓練指導員
左官のこと、タイルのこと、何でも対応できる。
NHK「ひとモノガタリ」では新人育成に力を入れている一面も。

同一カテゴリーの記事を読む

PAGEの先頭に戻る