×
×

原田左官ブログ

リシン搔き落とし ショールームの壁面に施工

リシン搔き落とし ショールームの壁面に施工

投稿日:2021年09月23日 (木)

リシン搔き落とし。
昔からある左官の仕上げです。

今回、都内のあるショールームに施工しました。

セメントリシン搔き落とし仕上げ
(原田左官セメントリシン搔き落とし仕上げ)

リシン搔き落とし。
正確には今回のものはセメントリシンと言います。
(その他にはリシン吹付などがあります。)
セメントを結合材として配合したものを塗り付け、硬化前に剣山やワイヤーブラシで文字通り表面を掻いて、この肌を作っていきます。

今回のものはゴツゴツとして感じを見せた搔き落とし仕上げ。

セメントリシン搔き落とし仕上げの柱

大きな骨材を混ぜ、それが掻くときに飛ぶことで、フラットな面状の中に巣穴のような表情を作ることが出来ます。

コンクリートコタタキの肌のような、独特な質感の壁です。

セメントリシン搔き落とし仕上げの壁や天井

セメントリシン搔き落とし仕上げの壁

近代左官のクラシックとも言えるこの仕上げ。

是非、あなたのデザインに取り入れてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせはこちらから
お仕事に関するお問い合わせフォーム
https://www.haradasakan.co.jp/contact/works_form.php


この記事を書いた人
原田宗亮

有限会社原田左官工業所代表の原田。
二級施工管理技士/左官基幹技能者/タイル検定二級。
(一社)日本左官業組合連合会監事及び青年部の副部長。
左官の講習会やワークショップを企画・開催し、左官の啓蒙活動を行っている。
建設業界のダイバーシティを推進し、女性の左官業界への参加の手助けや新しい人材の採用育成に力を入れている。
著書に「新たなプロの育て方」㈱クロスメディアマーケティング
「世界で一番やさしい左官」㈱エクスナレッジ

同一カテゴリーの記事を読む

PAGEの先頭に戻る