×
×

原田左官ブログ

今までにない強靭な床仕上げが可能!オルトレマテリア

今までにない強靭な床仕上げが可能!オルトレマテリア

投稿日:2021年04月15日 (木)

2016年に日本で発売され、名前も浸透してきたイタリアの左官材「オルトレマテリア(OLTREMATERIA)」。
今回は床での施工についてです。

オルトレマテリアは薄塗りで強靭な仕上げが出来る左官材。
加えて、葉っぱを埋め込む、レース模様を転写させる、金属調仕上げをするなど高い意匠性があります。そのため、日本ではキッチン天板や家具、店舗什器や扉などに塗られることが多くなっています。
しかし、この材料の本当の魅力は床での施工!
オルトレマテリアはそもそも強い床材を作る目的で開発された材料。重機が通ってもびくともしない強度を持っています。

オルトレマテリア床の重機走行による強度試験。イタリア動画より引用
(オルトレマテリア床の重機走行による強度試験。イタリア動画より引用)

当社の3Fの廊下も日本発売当初の5年前にオルトレマテリアで施工しました。
施工前はモルタル素地仕上げでした。

原田左官本社3F。2016年当時のモルタル床
(原田左官本社3F。2016年以前のモルタル床)

遠目で見たらわかりませんが、近くで見るとこの通り。

原田左官本社3F。2016年以前のモルタル床。施工前のクラックの状態
(原田左官本社3F。2016年以前のモルタル床。施工前のクラックの状態)
こんなにバキバキに割れていました。

これをオルトレマテリアに塗り替えました。
これをオルトレマテリアシステムで下地層、仕上げ層、トップコート層を重ねていって

原田左官本社3F。2016年の床オルトレマテリア施工
(原田左官本社3F。2016年の床オルトレマテリア施工)

完成がこちら!

原田左官本社3F。2016年施工オルトレマテリアエコピエトラの床
(原田左官本社3F。2016年施工オルトレマテリアエコピエトラの床)

仕上げはエコピエトラ(コッチョペースト)というレンガの粉が入っている非常に硬い仕上げ。ちょっと印象のある模様です。

原田左官本社3F。2016年施工オルトレマテリアエコピエトラの床

この通り4年経ってもビクともしてません!

原田左官本社3F。2016年施工オルトレマテリアエコピエトラ。2020年時点の床
(原田左官本社3F。2016年施工オルトレマテリアエコピエトラ。2020年時点の床)

当時からまったく変化することなく、クラックの一つも入ってないです。
正直、ここまで頑丈なんだとびっくりしました!

オルトレマテリアを使えば、フラットだけでなく、意匠性の高い床も作ることができ、長く綺麗な状態で使うことができます。

床に使っても魅力的な材料。
「オルトレマテリア(OLTREMATERIA)」

原田左官本社3F。2016年施工オルトレマテリアエコピエトラ。2020年時点の床

是非、あなたのお店や空間に取り入れてみてはいかがでしょうか?
詳しくはWEBカタログからご覧ください。
WEBカタログ:オルトレマテリア(OLTREMATERIA)
https://www.haradasakan.co.jp/webcatalog/oltremateria/

同一カテゴリーの記事を読む

PAGEの先頭に戻る