×
×

原田左官ブログ

洞窟のような仕上げ 銀座小松庵

洞窟のような仕上げ 銀座小松庵

投稿日:2019年08月19日 (月)

代表の原田です。
駒込の蕎麦の名店「小松庵 総本家」。
当社でも施工させていただきました。

モルタル特殊仕上げの壁面と天井、刷毛引きと鏝模様で仕上げています。周りにテーブルや椅子がある。お蕎麦屋さん「小松庵 総本家」
(モルタル特殊仕上げ 駒込 小松庵)

駒込店の仕上げのご紹介はこちら
施工実績:モルタル特殊仕上げ洞窟風 - 飲食店壁に施工

その小松庵さんが銀座にも出店し、当社で施工させていただきました。

小松庵の入っているビル。銀座
(銀座 小松庵の入っているビル)

銀座店の場所は和光や、三越、鳩居堂のある銀座4丁目の近く、中央通り沿いのビルの14Fです。

テーブル席もありますが、今回ご紹介するのは個室の仕上げ。

飲食店内装。銀座小松庵
(銀座 小松庵)

このR天井の廊下を通って、

飲食店内装。R天井の廊下。銀座小松庵

にじり口のような入り口をくぐると

にじり口のような入り口。銀座小松庵

ここも駒込店と同じように洞窟風の仕上げ。

特殊モルタル仕上げで洞窟風の内装の壁と天井。机と椅子やシャンデリアやピアノがある。銀座小松庵の特別室
(銀座 小松庵 特別室 特殊モルタル仕上げ)

天井にはシャンデリア。
特殊モルタルを放射状に刷毛目を入れて仕上げています。

特殊モルタル仕上げの天井、放射線状に刷毛目を入れている。天井にシャンデリアがある。銀座小松庵の特別室

窓はあえて小さくなっていて、お蕎麦に集中できるようになっています。

特殊モルタル仕上げの壁。小窓がある。銀座小松庵の特別室

洞窟の中で蕎麦と向き合う。
そのコンセプトが銀座でも引き継がれています。

特殊モルタル仕上げの壁。ライトで照らされている。銀座小松庵の特別室

先日、ようやくお伺いすることができ、美味しい蕎麦を頂きました。

小松庵のせいろ蕎麦。机の上に蕎麦と蕎麦つゆや薬味やお箸がある。小松庵
(小松庵 せいろ蕎麦)

お蕎麦もおいしかったですが、このとうもろこしのかき揚げが驚くほどサクサクで美味しかったです。

とうもろこしのかき揚げ。小松庵
(小松庵 とうもろこしのかき揚げ)

特殊モルタル仕上げの壁。奥には弦楽器と譜面台やスピーカーがある。銀座小松庵の特別室
(銀座 小松庵 特別室 特殊モルタル仕上げ)

洞窟の中で蕎麦と向き合いながら食べる。
銀座でそんな体験はいかがでしょうか?

店舗情報はこちら。
小松庵総本家 銀座店
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13237578/

同一カテゴリーの記事を読む

PAGEの先頭に戻る