×
×

原田左官ブログ

池袋ウイロード再生事業 植田志保さんの色使いと池袋との不思議な縁

池袋ウイロード再生事業 植田志保さんの色使いと池袋との不思議な縁

投稿日:2019年12月02日 (月)

代表の原田です。
前回の続き、池袋ウイロード再生事業のお話です。
前回のブログはこちらから
ブログ:池袋ウイロード 再生事業に参加しています。
https://www.haradasakan.co.jp/9903/

暗い、汚い、怖いというイメージがあったウイロードを再生するために、豊島区が美術作家の植田志保さんに依頼をしました。

美術作家植田志保さん池袋ウイロード壁面塗装
(美術作家 植田志保さん 東京新聞TOKYOWebより転載)

植田志保さんは「色のすること」をテーマに色と対話しながら美術作品を作っていく、美しい色使いに定評がある作家さんです。

植田志保さん ウイロード再生事業についてはこちらをご覧ください。
東京新聞WEBサイト
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201909/CK2019092002100023.html

今回の再生事業はライブペインティングのように制作風景を見せるというのも一つの話題でした。
植田志保さんの製作風景はウイロードの壁面では透明なアクリルの仮囲いの中で行われ、通行する人が製作の様子を見学できるようになっていました。
また、天井部分はパネル製作を池袋駅前の仮設スタジオで行っていてそちらも製作の様子を見ることが出来ました。

池袋ウイロード再生事業製作中の看板
(ウイロード再生事業 製作中の看板)

池袋ウイロード再生事業製作中の壁面

池袋ウイロード再生事業製作中の壁面

以前とは見違えるくらいカラフルに、明るくなりました!

池袋ウイロード再生事業製作中の天井・壁面

壁面、天井は植田志保さんが製作をしましたが、正面の部分は左官の作業が取り入れられることになり、ご縁を頂き当社に声を掛けていただきました。

実は当社の初代は南池袋に住んでいました。

原田左官工業所初代社長原田辰三。昭和40年撮影
(初代 原田辰三 昭和40年撮影)
(住まいは今の西武デパートの辺りだったそうです。)
東京大空襲の時に根津に避難し、その後現在の田端・千駄木の地に落ち着きました。
豊島区池袋とは原田左官はそのような縁があり、今回声を掛けていただいたことを非常に光栄に思っています。

原田左官はウイロード再生事業では東口・西口のファサード部分を協力させていただくことになり、植田先生が作り上げるものを当社で試作し、共同で作り上げていく方法で行いました。

施工内容はこのウイロードのファサードを作ること。
解体後の現状はこんな状態でした。

池袋ウイロード再生事業東口ファサード解体後の状態
(池袋ウイロード再生事業 東口ファサード解体後)

原田左官のリーダーは美術担当の斎藤君。
こういった造形の仕事のセンスは抜群です。

美術作家の植田志保さんと原田左官堀越さんと原田左官斎藤さん
(植田志保さん 原田左官 堀越さん、斎藤さん)

ベテランの堀越さん、横山さんもサポートしながらの製作になりました。

美術作家の植田志保さんと原田左官横山さんと原田左官斎藤さん

植田先生には何度も当社に足を運んでいただきました。
植田先生と斎藤君と試行錯誤しながらあの空間に合う壁面をじっくりと考えていました。

美術作家の植田志保さんと原田左官斎藤さん
(植田志保さん 原田左官 斎藤さん)

美術作家の植田志保さんと原田左官斎藤さん

美術作家の植田志保さんと原田左官斎藤さん

美術作家の植田志保さんと原田左官斎藤さん

イメージは柔らかなもの。

仕上げ材はやはり優しさのある「漆喰(しっくい)」に決定しました。

柔らかな曲線をあらわすため、スタイロフォームでおおよその形状を作成し、その上に漆喰を塗ることになりました。

池袋ウイロード再生事業原田左官試作のスタイロフォーム
(池袋ウイロード再生事業 原田左官試作)

漆喰の質感はこの曲線にあいますね。

池袋ウイロード再生事業原田左官試作の漆喰塗りスタイロフォーム
(池袋ウイロード再生事業 原田左官試作 漆喰塗り)

こうやって試作を繰り返しながら、現場の下地を作成していきました。

原田左官齋藤さん工場作業
(原田左官 齋藤 工場作業)

原田左官齋藤さん工場作業

これからいよいよ現場作業です。

続きは次回のブログへ

続きのブログはこちらから
池袋ウイロード再生事業 しっくいで包むファサード
https://www.haradasakan.co.jp/10089/

同一カテゴリーの記事を読む

PAGEの先頭に戻る