×
×

原田左官ブログ

タイルライブラリーに「MIPA」イタリアテラゾタイルを施工

タイルライブラリーに「MIPA」イタリアテラゾタイルを施工

投稿日:2020年11月26日 (木)

原田左官のタイルの魅力発信プロジェクト。
引き続き工事の模様をお伝えします。

前回の内容はこちら
ブログ:タイルライブラリー タイルと左官の役割を変える!
https://www.haradasakan.co.jp/12380/

手前の床はMIPA(ミパ)というイタリアのテラゾタイルを施工します。
キーセルのセルフレベリング材でしっかりと下地を取った床ですが、その上にコンパネを貼り、その上にMIPAを張ります。

セルフレベリングをした状態のタイルライブラリーの床コンパネ下地
(原田左官タイルライブラリーの床コンパネ下地)

何故、そのような施工にしたかというと、ドイツのエポキシ下地材をテストのためです。
当社が施工するタイル、テラゾの下地は木下地の場合も多くあります。
木下地に浮かせず長持ちさせるタイル施工法としてキーセルのエポキシ工法というものがあり、そのテスト施工も兼ねています。
コンパネ下地にガラスメッシュを敷き、エポキシでしっかり固めます。

コンパネ下地敷かれたガラスメッシュ
(キーセルガラスメッシュ)

コンパネ下地にガラスメッシュを敷いた上からエポキシを塗布している。キーセルエポキシ工法
(キーセルガラスメッシュを使ったエポキシ工法)

そうすることで木下地が面で一体化して、下地のせん断の動きが無くなり、タイルの浮きや目地の剥がれが無くなります。

このエポキシは臭いがせず、非常に使いやすいエポキシです。

キーセルレベラーエポキシの開封

キーセルレベラーエポキシを開封して中のエポキシが見えている

こうしてエポキシでしっかり下地を作った部分にMIPAというテラゾタイルを張っていきます。

エポキシ工法の下地へテラゾタイルのMIPAを施工中の職人さん達
(原田左官タイルライブラリーにテラゾタイルMIPA施工)

テラゾタイルのMIPAを施工中の職人さん達

テラゾタイルのMIPAを施工中の職人さん達

模様はヨーロッパ南部の教会などで使用されていた伝統的な柄がベースになっています。

テラゾタイルのMIPAを施工中の職人さん。タイルの模様はヨーロッパ南部の教会などで使用されていた伝統的な柄がベースになっている

テラゾタイルのMIPA施工中、目地材詰め前の状態

テラゾタイルのMIPA施工中、目地材詰め前の状態

この床も現在完成しており、ご覧いただけます。

テラゾタイルのMIPA施工、目地詰め後で床仕上がり完成の状態
(原田左官タイルライブラリー、テラゾタイルMIPA施工の床完成)

別の模様のタイルも施工いたしました。詳細はこちらから。
ブログ:タイルライブラリーに「MIPA」イタリアテラゾを磨いて仕上げ
https://www.haradasakan.co.jp/12481/

タイルのショールーム「タイルライブラリー」に是非一度お越しください。
お申し込みはこちらから
お仕事に関するお問い合わせフォーム
https://www.haradasakan.co.jp/contact/works_form.php

同一カテゴリーの記事を読む

PAGEの先頭に戻る