ベルギー研修 モールテックス・ビールストーン

ベルギー研修 モールテックス・ビールストーン

2017年9月に当社の職人 吉成さんがベルギーBEAL社で行われた講習会に参加しました。今回はそのベルギー研修レポートです。

当社以外にも日本から10数名でベルギーBEAL社を訪問しました。

ベルギーBEAL社を訪問しました

ベルギーBEAL社を訪問しました

ここがBEAL社。

BEAL社の中はモールテックス、ビールストーンの仕上げのオンパレードでした。

モールテックスが様々なところに仕上げられてました。

モールテックスが様々なところに仕上げられてました

モールテックスが様々なところに仕上げられてました

モールテックスが様々なところに仕上げられてました

モールテックスが様々なところに仕上げられてました

モールテックスが様々なところに仕上げられてました

モールテックスが様々なところに仕上げられてました

モールテックスが様々なところに仕上げられてました


手洗い台もたくさんありました。

モールテックス手洗い台

モールテックス手洗い台

モールテックス手洗い台

モールテックス手洗い台

モールテックスのカタログで有名なあのカウンターもありました!

モールテックスのカタログで有名なあのカウンターもありました
モールテックスのカタログ

モールテックスのカタログで有名なあのカウンターもありました
ベルギーで撮影したカウンターの写真
いつもカタログで見慣れている実物を見るとちょっと感慨深かったです。

もちろんビールストーンもいっぱいありました。

ビールストーンもいっぱいありました

ビールストーンもいっぱいありました

ビールストーンもいっぱいありました

ビールストーンの床

貝殻を使ったビールストーンのテーブル天板

貝殻を使ったビールストーンのテーブル天板


こんなに大きな骨材を使用したビールストーンの天板もありました
こんなに大きな骨材を使用したビールストーンの天板もありました。


光が透ける骨材を使用し、こんな透過するビールストーン仕上げもありました。

光が透ける骨材を使用し、こんな透過するビールストーン仕上げもありました

光が透ける骨材を使用し、こんな透過するビールストーン仕上げもありました。内側のライトの光を透過しています

光が透ける骨材を使用し、こんな透過するビールストーン仕上げもありました。内側のライトの光を透過しています

内側のライトの光を透過しています。


仕上げサンプルもこんなに種類があります。

仕上げサンプルもこんなに種類があります

仕上げサンプルもこんなに種類があります

こんなサンプルも!

コーヒー豆を入れたビールストーン

コーヒー豆を入れたビールストーン!
いろんなアイデアがありますね。
まだまだ見たことのない仕上げが出来る可能性のある素材です。

モールテックス・ビールストーンに共通して言えることですが、
付着力の強さについては改めて感じました。

モールテックス・ビールストーンの付着力の強さ

通常、こんな風に見切りが無く塗る材料を止めてしまうとキワから剥がれてしまいますが、
モールテックス・ビールストーンはこのように全く剥がれません。

モールテックス・ビールストーンはこのように全く剥がれません

改めて強力な接着力を実感しました。


今回、BEAL社に来て興味深かったのはモールテックスのまだまだ知られてない仕上げ方がある点でした。

1回目の塗りと2回目の塗りを違う色で行う方法や

2色使いで深みを持たせたモールテックス仕上げ

2色使いで深みを持たせたモールテックス仕上げ
(2色使いで深みを持たせたモールテックス仕上げ)


1回目の塗りの時に模様をつけておいてその柄を浮きだたせる仕上げ

ローラー模様を浮きだたせたモールテックス
(ローラー模様を浮きだたせたモールテックス)

1回目の塗りにスジ柄を入れた木目調のモールテックス
(1回目の塗りにスジ柄を入れた木目調のモールテックス)

木目調のモールテックスオブジェ
(木目調のオブジェ)

木目調のモールテックスオブジェ
こんな表情になっています。


また、モールテックスを凹凸をつけて仕上げる方法

モールテックスを凹凸をつけて仕上げる方法
こんな仕上げや

モールテックスを凹凸をつけて仕上げる方法、巣穴が入った仕上げ
巣穴が入った仕上げ

モールテックスを凹凸をつけて仕上げる方法、凸凹を付けた後ヘッドカットした仕上げ
凹凸をつけてヘッドカットした仕上げ

凹凸をつけ石の肌のようなモールテックス仕上げ

凹凸をつけ石の肌のようなモールテックス仕上げ
こんな石の肌のようなモールテックス仕上げもありました。

日本には取り入れられていないモールテックスのテクスチャー
日本には取り入れられていないモールテックスのテクスチュアです。


モールテックスのストライプ仕上げ
モールテックスのストライプ仕上げ
床・壁 模様を繋げて仕上げています。

これらはまだ日本では知られていないモールテックスの新しい魅力です。
まだまだ可能性を秘めた素材だと感じました。


また、現地ではBEAL社のトレーナーによる施工講習も行われました。

BEAL社のトレーナーによる施工講習の様子

BEAL社のトレーナーによる施工講習の様子

モールテックスは勿論、ビールストーンの塗り付け・研磨方法まで詳しく教えていただきました。

ビールストーンの専用材(ビールパスタ)をぬり、専用の機械で刷り込んで目つぶしを行っています。

動画:ビールストーン 塗り付け


その後、ノロ研ぎをしていきます。

動画:ビールストーン 研磨


掃除機でノロ水を吸い取り仕上げていきます。

動画:ビールストーン 仕上げ


掃除機でノロ水を吸い取り仕上げていきます

掃除機でノロ水を吸い取り仕上げていきます

掃除機でノロ水を吸い取り仕上げていきます

これでもう少し手を加えれば完成です。

ここで教わった技術はこれからの施工に活かしていきたいと思っています。


最後に、お伝えしたい点が一つ。
モールテックスは日本ではまだ3年程度の実績ですが、ベルギーでは20年以上の歴史のある材料です。
約20年前に壁・テーブルにモールテックスを施工したレストランに伺いましたが、
まったく剥がれやクラックが無いことに驚きました!

レストルームの壁は20年前に施工されたモールテックス

レストルームの壁は20年前に施工されたモールテックス
20年前に施工されたモールテックス レストルーム壁


20年前に施工されたモールテックスのテーブル天板
20年前に施工されたモールテックス テーブル天板

20年前に施工されたモールテックスのテーブル天板
このようにキワが見切り無しでも剥がれてません。

トップコートはメンテナンスで何度も塗り重ねているようですが、
素材の強さにびっくりしました!

トップコートもしっとりと染み込んでいて、
この使用されている感のモールテックスがすごくいい味を出していました。

ベルギーで見てきたこと、講習を受けたことをこれからの日本の施工に活かしていきます。
これからもモールテックス・ビールストーンの新しい魅力を引き出していきますので、
よろしくお願いします。

ベルギーBEAL社の皆さんとエージェントさん

ベルギーBEAL社の皆さん、エージェントの滝田さん。
ありがとうございました。


最後までお読みいただきありがとうございました。

お問合せ先

有限会社原田左官工業所
113-0022 東京都文京区千駄木4-21-1
電話番号:03-3821-4969 FAX番号03-3824-3533

メールマガジン「Sakan Concierge(左官案内人)」

発行元:有限会社原田左官工業所・株式会社エイチアール
発行責任者:有限会社原田左官工業所 原田宗亮
HomePage:http://www.haradasakan.co.jp/
メールアドレス:sakan@haradasakan.co.jp

PAGEの先頭に戻る