モールテックス(MORTEX)の魅力

モールテックス(MORTEX)の魅力

今回はモールテックスについて。

モールテックスは左官材料では久しぶりの大ヒット商品ではないでしょうか?
以前のメルマガでもご紹介していますが、
今回はモールテックスの部位別の施工例をご紹介し、その魅力をさらに掘り下げてみたいと思います。

改めて説明をしますと、モールテックスとはベルギーのBEAL社が開発した薄塗りの左官材料です。
正式名称は「MORTEX COLOR」。モルテックスと表記されることもあります。

モールテックスの特徴はこの2点

・柔軟性
・強靭性


通常のセメント系材料ではあり得ない柔軟性があります。
モールテックス曲げても割れない柔軟性

これは特殊な樹脂をセメントに混入するため、
セメントの質感を持ちながらも曲げ・たわみに対して非常に強いモルタルになります。

もう一つの特徴は強靭性。表面強度があり、削れ・剥がれるということがありません。
1-2mm程度の薄塗りですが、コンクリートの5倍程度の表面強度があり、
従来のモルタルではありがちだった角の欠けや表面の削れがまったく発生しません。

セメント系のため屋外でも使用することが出来ます。

上記のことが、今まで左官が塗りこめなかった箇所に仕上げが出来るようになったといわれている理由です。
キッチン、カウンター、家具、シャワールームなど左官仕上げが敬遠されていた部位にどんどん採用されています。

キッチンの施工例


キッチンの流し台にモールテックス

キッチンキャビネットの扉にもモールテックス
(引き出しの扉もモールテックスで仕上げています。)

キッチンガスコンロ周りのキャビネットにモールテックス

キッチンガスコンロ周りのキャビネットにモールテックス。キャビネットを引き出した状態

キッチンキャビネット扉に塗りこんだモールテックス
(薄塗りでも強度があるため、このように扉も塗り込んで仕上げられます。)

カウンターの施工例


飲食店のカウンターにモールテックス

飲食店のカウンターにブラウンのモールテックス。フォークと箸が並んでいて椅子がある

飲食店のカウンターにグレーのモールテックス

飲食店のカウンターはもはや定番の仕上げ。
木工下地に仕上げられるのでものすごく長いカウンターも1枚の仕上げにすることが出来ます。

家具・机の施工例


テントの中にあるモールテックスを使ったローテーブルとソファー用テーブル、器状のオブジェクト。ソファー

モールテックスのカウンターテーブル

モールテックスを使用したバーカウンターのような家具

モールテックスの花台があり机と椅子のある風景

グレーのモールテックスを使用したデスク

鏝塗り施工で仕上げるものなので形状にも制限が少なく自由度の高い仕上げが出来ます。

丸テーブルや四角いテーブル天板を当社で作成し納品することも出来ます。
モールテックスのテーブル天板


シャワールーム


モールテックスを使用したシャワー室

モールテックスを使用した洞窟のように窪んだ形状のシャワー室

壁だけでなく天井も塗り込むことで洞窟のような空間を表現することも出来ます。

壁・扉・床

もちろん床や壁など通常の部位にも問題なく仕上げられます。

モールテックスを使用したエントランスホール

モールテックスを使用したエントランスホール

モールテックスを使用した店舗の壁

モールテックスのドア
(鉄扉にも下地処理をすれば塗ることが出来ます。)

階段の上の床にモールテックスを使用した部屋

フロアにモールテックス
(削れやひび割れの出ないモルタル調仕上げを長期にわたり使用することが出来ます。)


色が豊富なのも魅力の一つ。


モールテックスカラーサンプル画像1

モールテックスカラーサンプル画像2

色の名前が「カフェラテ」や「カカオ」などオシャレ。
この16色の基本色が4段階の濃淡で表現されます。(標準色は16×4種類で64色になります。)

選びやすいグレートーン、ブラウン系だけでなく、赤や青というのも意外とカッコいいです。

赤いモールテックスを使用した机

青いモールテックスを使用した机

それ以外にも最近ではメタルカラーが新しく日本に入ってきました。

メタルカラー


メタルカラーのモールテックス材料

ゴールドのモールテックスを使用したサンプル1

ゴールドのモールテックスを使用したサンプル2

シルバーのモールテックスを使用したサンプル1

シルバーのモールテックスを使用したサンプル2

メタリックな表情がモールテックスに新たな魅力を伝えます。

このように至るところに塗ることができ、色も豊富なため、デザイナーさんの創作意欲をかきたてる素材です。そして、その表情が長い間保持される。
それがモールテックスの魅力です。

モールテックスのメーカーさんのキャッチフレーズは「制限なんて無い」

モールテックスのメーカーさんのキャッチフレーズは「制限なんて無い」

まさに無限の広がりを持つ左官材。
モールテックス まだまだ可能性を秘めた材料です。

モールテックスを研いでいる様子

モールテックスについての新しい情報はこちら
メールマガジン「モールテックス(MORTEX)新たな魅力」のページへ


最後までお読みいただきありがとうございました。

お問合せ先

有限会社原田左官工業所
113-0022 東京都文京区千駄木4-21-1
電話番号:03-3821-4969 FAX番号03-3824-3533

メールマガジン「Sakan Concierge(左官案内人)」

発行元:有限会社原田左官工業所・株式会社エイチアール
発行責任者:有限会社原田左官工業所 原田宗亮
HomePage:http://www.haradasakan.co.jp/
メールアドレス:sakan@haradasakan.co.jp

PAGEの先頭に戻る