搔き残すことで表現! 削る仕上げ「リネアルテ」

搔き残すことで表現! 削る仕上げ「リネアルテ」

今回は、搔き残す!削る!という左官の表現ではあまりない珍しい仕上げについてお伝えしたいと思います。

まず、もともと左官には搔き落とし仕上げという技法があります。
セメントや石灰がベースの材料を固まり始めてから完全硬化する前にワイヤーブラシ等で表面を搔き、模様を付ける仕上げです。
日本家屋でもよく用いられた技法で、中に入れる骨材の粒度が大きければ、骨材が飛んでざっくりとした表情になり、骨材が小さければ上品な仕上がりになります。表面にワイヤーブラシなどをかけるため、「荒らしもの」という左官仕上げの一種です。

その搔き落とし仕上げですが、バリエーションとしては
・骨材の大小による肌の違い
・骨材の色による見え方の違い
・セメントの着色による色の違い
・ワイヤーブラシの動かし方、幅による模様の違い
などがあります。

そういった搔き落とし仕上げですが、それだけではない、新しい表現をすることが出来ます。
それが今回ご紹介する「搔き残す」、「削る」ことで仕上げる「リネアルテ」仕上げです。

「リネアルテ」とはライン+アルテ(フランス語でアートの意味)を組み合わせた造語。
風紋のような流れるラインが出ることが特徴です。

原田左官 リネアルテ仕上げ
(原田左官 リネアルテ仕上げ)

原田左官 リネアルテ仕上げ

このような専用道具を使って削ることで模様を付けます。

リネアルテ 作業風景
(リネアルテ 作業風景)

道具も様々なものを組み合わせることで、大小模様の強弱をつけることが出来ます。

リネアルテ 専用道具
(リネアルテ 専用道具)

リネアルテ サンプル 柄:大
(リネアルテ サンプル 柄:大)

リネアルテサンプル 柄:小
(リネアルテサンプル 柄:小)

このラインが特徴のリネアルテ仕上げですが、
部分的に搔き残すことでレリーフや文字を表現することが出来ます。

リネアルテ レリーフ仕上げの施工例
(リネアルテ レリーフ仕上げの施工例)

リネアルテ レリーフ仕上げの施工例

今回、都内にあるFMサウンズ様のエントランスにこのリネアルテレリーフ仕上げを施工しました。

施工中の模様はこちら

リネアルテ仕上げ 施工の模様
(リネアルテ仕上げ 施工の模様)

風紋の柄はラインを引き、それ通りに削っていきます。
文字の部分は型を張り、それをガイドにして削り残します。

段取りが付けば、後は大勢で削っていきます。

リネアルテ 模様付け
(リネアルテ 模様付け)

リネアルテ仕上げは材料の硬化のタイミングを見て、削る仕上げ。
硬化が始まったら時間との勝負。

リネアルテ 模様付け

細かいところまでしっかりと見て仕上げます。

リネアルテ 模様付け

リネアルテ 模様付け

そして完成!

リネアルテ仕上げ FM SOUNDS
(リネアルテ仕上げ FM SOUNDS)

この仕上げは段々と模様が仕上がってくるため、いつもの左官仕上げとは違う達成感があります。

見習いのM君もロゴの前で記念にパチリ!

リネアルテ仕上げ 原田左官見習工 Mさん
(リネアルテ仕上げ 原田左官見習工 Mさん)

仕上がった全体の写真がこちらです。

原田左官オリジナル リネアルテ レリーフ仕上げ
(原田左官オリジナル リネアルテ レリーフ仕上げ)


ランダムに流れる柄が特徴です。

リネアルテ仕上げ
(リネアルテ仕上げ)

ロゴはこのような仕上り。

リネアルテ レリーフ仕上げ

この部分は型を作り、抜き文字で作成しました。

リネアルテ レリーフ仕上げ


リネアルテ仕上げは仕上がりの説明動画がYou Tubeでもアップされています。


動画:「リネアルテ」揺らぎの曲線が作る優美な仕上げ【有限会社原田左官工業所】


いかがでしょう?
リネアルテはこのように塗った後に削りだすことで揺らぎのある模様やレリーフを作り出すことが出来ます。
搔き落としという左官の技法を発展させた仕上げ「リネアルテ」。
新しい意匠の一つとして、是非、ご提案ください。

原田左官リネアルテ仕上げ カタログ
(原田左官リネアルテ仕上げ カタログ)

最後までお読みいただきありがとうございました。

お問合せ先

有限会社原田左官工業所
113-0022 東京都文京区千駄木4-21-1
電話番号:03-3821-4969 FAX番号03-3824-3533

メールマガジン「Sakan Concierge(左官案内人)」

発行元:有限会社原田左官工業所・株式会社エイチアール
発行責任者:有限会社原田左官工業所 原田宗亮
HomePage:http://www.haradasakan.co.jp/
メールアドレス:sakan@haradasakan.co.jp

PAGEの先頭に戻る