×
×

モルタル造形 竹の表現

モルタル造形 竹の表現

コンクリートでできた建物が多い現代の左官ではセメントモルタルを扱うことが基本の仕事になっています。

今回はそのセメントモルタルをベースにしたモルタル造形で竹を表現した施工例のご紹介です。

モルタル造形とはセメントモルタルで形を作り、カラーリングなどにより造形物を作る技法です。
【モルタル造形の施工手順の一例】

モルタル造形の施工手順説明画像
(モルタル造形の施工手順説明)

この写真はレンガの上にモルタルを塗った壁が部分的に剥がれているヨーロッパでよくみられる古い壁を表現しています。
これはレンガの部分も含めてすべてモルタルで塗って仕上げています。

モルタル造形と言えばテーマパークの擬岩や擬石、擬木などが有名ですね。
【モルタル造形のテーマパークの擬岩・擬木の一例】

造形モルタル塗り施工中画像
(造形モルタル塗り)

カービング モルタル成形
(カービング モルタル成形)

カラーリング エイジング モルタル成形
(カラーリング エイジング モルタル成形)

モルタル造形完成画像
(モルタル造形 完成)

本物の岩や木ではダメなの?
セメントで作る理由は何故?
と聞かれることがあります。
何故わざわざセメントで作るかというと、その仕上がりを変化なく長持ちさせたいからです。
岩の洞窟を本物の岩石で作るとしたらものすごい重量になり、崩れないようにするための支えなども必要で大変な工事になります。
また、味のある古木などを使用したくても、特に外部では不燃材でなければならないなど
制限があり、また、木の経年変化によって傷みが生じたりする場合があるため、使用するのが慎重になります。
そのため、セメントモルタルで岩肌を作ったり、古木調に造形して作るという技法が必要とされます。
そのモルタル造形の中で、今回はセメントモルタルで竹を表現した技法についてお伝えします。

デザイナーの方から「竹を表現した壁を作りたい」というご要望を頂きました。
モデルになる画像がこちら。

海外のモデル物件。壁に竹を貼った仕上げ
(海外のモデル物件 壁に竹を貼った仕上げ)

これはモルタルで造形するのがマッチするのでは?
と考えていたところ、ちょうど当社の代表が行った台湾でモルタルで作った竹の壁がありました。

竹モルタルの壁。スターバックスの台湾101タワー店
(台湾101 スターバックス 竹モルタル)

台湾の101タワーのスターバックスです。

竹モルタルの壁。スターバックスの台湾101タワー店

味のある竹模様のモルタル仕上げ。

竹モルタルの壁。スターバックスの台湾101タワー店

これをベースにもう少し肌を整えた竹模様のモルタル造形をする方向で考え、
サンプルを2種類作成しました。
竹の外側を見せるタイプ(外竹)。

竹模様モルタルサンプル。外竹タイプ
(竹模様モルタル 外竹)


こちらは竹の内側を見せるタイプ(内竹)。

竹模様モルタルサンプル。内竹タイプ
(竹模様モルタル 内竹)

デザイナーの方に選んでいただいた結果、内竹に決定しました。

今回、竹模様モルタルはこのような道具を使って作りました。
これは亜鉛板をスタイロフォームに張り付けたもの。

亜鉛板型引き
(亜鉛板 型引き)

昔から左官で型を引くには滑りがよく、錆びにくい亜鉛板を使っていました。
その亜鉛板を使い、型を引くことで竹模様のモルタルを作ります。

完成がこちら。

竹模様のモルタル壁。日本橋アジアンビストロDai
(日本橋 アジアンビストロDai)

店内入口へのR壁を竹模様モルタルで施工しました。

竹模様のモルタルのR壁。日本橋アジアンビストロDai
(日本橋 アジアンビストロDai 竹模様モルタル)

竹模様のモルタルのR壁。日本橋アジアンビストロDai

アップで見るとこのようになっています。

竹模様モルタル仕上げ。原田左官施工
(原田左官 竹模様モルタル仕上げ)

竹模様モルタル仕上げ。原田左官施工

お店は日本橋高島屋のアジアンビストロDai。

日本橋高島屋のアジアンビストロDai外観。入り口のR壁が竹模様のモルタル壁
(日本橋 アジアンビストロDai)

アジアンテイストのお店に竹の模様がマッチしていますね。

セメントモルタルというと現代の左官には身近な材料です。
そのセメントモルタルも造形できるように素材をアレンジをすれば、このような仕上げをすることが出来ます。
身近な素材を人の手で形にしていく。
造形モルタルは左官で出来る表現方法の一つです。

新しいお店へのご提案の一つに是非いかがでしょう?


店舗情報:日本橋高島屋内 アジアンビストロDai日本橋店


最後までお読みいただきありがとうございました。

お問合せ先

有限会社原田左官工業所
113-0022 東京都文京区千駄木4-21-1
電話番号:03-3821-4969 FAX番号03-3824-3533

メールマガジン「Sakan Concierge(左官案内人)」

発行元:有限会社原田左官工業所・株式会社エイチアール
発行責任者:有限会社原田左官工業所 原田宗亮
HomePage:http://www.haradasakan.co.jp/
メールアドレス:sakan@haradasakan.co.jp

PAGEの先頭に戻る