×
×

まったく新しい研ぎ出しのデザイン 玉石洗い出しシートでの研ぎ出し

まったく新しい研ぎ出しのデザイン 玉石洗い出しシートでの研ぎ出し

今回は玉石を使った研ぎ出し仕上げのご紹介です。

研ぎ出し・現場テラゾ仕上げ。
塗って研ぎ出す仕上げが今、再注目されています。

セメント色の組み合わせやカラフルな砕石やガラスを入れて研ぎだすことで、様々な模様を作ることが出来ます。昔は砕石などの比較的柔らかい石しか研ぎだすことが出来ませんでしたが、現在は機械工具がよくなり、玉石(河原の石のように丸みを帯びている硬い石)も研ぎ出し仕上げが出来るようになりました。

ビールストーン玉石研ぎ出しのサンプル
(ビールストーン 玉石研ぎ出しのサンプル)

ビールストーン玉石研ぎ出しのサンプル

玉石を研ぎだすと丸い石の断面が並ぶので非常にポップな印象になりますね。

その玉石研ぎ出し。
台湾の洗い出しシートと組み合わせて施工する例が多くなっています。

台湾の洗い出しシートの最大のメリットは
「大きいサイズの石を壁面に張れること」
なので、ぎっしりと石が詰まったようなこんな外壁も出来ます。

台湾洗い出しシート施工例のビル
(台湾洗い出しシート 施工例)

台湾洗い出しシート施工例。壁面

この壁に大きな石の粒を均一に張れる洗い出しシートを用いて研ぎ出し仕上げをすると、
壁面で大きな玉石の研ぎ出し仕上げが出来るようになります。

施工例をご紹介します。
壁面に玉石の研ぎ出しとお店のテーマであるお茶の葉を混ぜて施工できないかというご依頼をいただきました。

こちらがサンプル

ビールストーンお茶の葉入りサンプルと茶碗に入れた茶葉
(ビールストーン お茶の葉入り)

四角く見えるのがお茶の葉、玉石をところどころ見せています。

ビールストーンお茶の葉入りサンプル

これを再現するため、現場では壁面に台湾洗い出しシートを張り付けました。

洗い出しシートの壁。貼り付け施工工程
(洗い出しシート 貼り付け)

洗い出しシートの壁。シート貼り付け後

その上にお茶の葉を入れた目地材を塗りこんでいきます。

洗い出しシートの壁。お茶の葉入り目地材塗りこみ施工工程
(洗い出しシート お茶の葉入り目地材塗りこみ)

洗い出しシートの壁。お茶の葉入り目地材塗りこみ施工

それを研磨し、お茶の葉と玉石を表面に表していきます。

洗い出しシートの壁。お茶の葉入り目地材。研ぎ出し施工工程
(洗い出しシート お茶の葉入り目地材 研ぎ出し)

洗い出しシートの壁。お茶の葉入り目地材。研ぎ出し施工

仕上がりはこのようになりました。

お茶の葉入り洗い出しシートの研ぎ出し内壁。渋谷カドーナチュールに施工
(洗い出しシート お茶の葉入り 研ぎ出し 渋谷カドーナチュール)

このようにある程度均一に大きな玉石を散りばめるために洗い出しシートを活用しました。

お茶の葉入り洗い出しシートの研ぎ出し内壁。渋谷カドーナチュールに施工
店舗情報:渋谷カドーナチュール

また、テーブルの天板を玉石研ぎ出し仕上げにした例もあります。

この木工下地に洗い出しシートを張ります。

洗い出しシート木工下地のテーブル天板
(テーブル天板 洗い出しシート下地)

テーブル天板。洗い出しシート貼り付け施工工程
(テーブル天板 洗い出しシート貼り付け)

小口部分は幅が狭かったのでバラ石を張り付けていきます。

テーブル天板。洗い出しシート貼り付け施工工程。小口部分はバラ石貼り付け

テーブル天板。洗い出しシート貼り付け施工工程。小口部分はバラ石貼り付け

大きなサイズのテーブルでも洗い出しシートであれば均一に石を並べることが出来ます。

テーブル天板。洗い出しシート貼り付け施工工程

洗い出しシートテーブル天板。シート貼り付け施工工程完了状態

そして目地入れをし、研磨をします。

テーブル天板。洗い出しシート研ぎ出し施工工程

仕上がりがこちら。

洗い出しシート研ぎ出しのテーブル

ポップな柄のテーブルに仕上がりました。

テーブル天板。洗い出しシート研ぎ出し施工

洗い出しシート研ぎ出しのテーブル

洗い出しシート研ぎ出しのテーブル

このように一風変わった模様な作れる玉石研ぎ出し仕上げ。

セメントに割れにくいビールストーンを使用すれば、テーブルや床にも安心して使用することが出来ます。

機械工具の進化によって玉石を研ぎ出せるようになり、研ぎ出し仕上げもまた新しい模様を作ることが出来ます。
そして、台湾の洗い出しシートとビールストーン。
今ある材料、技術の組み合わせによって新しい意匠を作り出す。
それも左官仕上げの魅力の一つです。

「左官」。
鏝で塗るという昔からあるアナログな仕事ですが、日々、新しいものが生まれています。
是非、お客様のアイデアで新しい左官を一緒に作りたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お問合せ先

有限会社原田左官工業所
113-0022 東京都文京区千駄木4-21-1
電話番号:03-3821-4969 FAX番号03-3824-3533

メールマガジン「Sakan Concierge(左官案内人)」

発行元:有限会社原田左官工業所・株式会社エイチアール
発行責任者:有限会社原田左官工業所 原田宗亮
HomePage:http://www.haradasakan.co.jp/
メールアドレス:sakan@haradasakan.co.jp

PAGEの先頭に戻る