×
×

ドイツのキーセル社の材料、浮かない貼り付け材・削れない目地材の魅力

ドイツのキーセル社の材料、浮かない貼り付け材・削れない目地材の魅力

今回もドイツの材料のお話。

ドイツのタイル張り材や目地材、タイルの副資材についてお伝えします。

ドイツの材料はお国柄なのかやはり機能性に優れているものが多いです。
その中でも今回はタイルの副資材を中心にお伝えします。

まずはタイル張り付け材。

キーセルのTRIO。

これはモザイクタイル、300角~600角程度のタイルが張れる万能なタイル張り付け材。セメントベースに粉末のポリマーが入っている一材型で、床・壁に使用できます。

この材料の優れている点はタイルを張るときに少ない叩き込みで張り付け材がタイル面に回ることです。
TRIOと従来のセメント張り付け材を透明なアクリル板を置いて比較したわかりやすい動画があります。


動画:タイル張り付け材の機能性比較|キーセルTRIOと従来品【有限会社原田左官工業所】

タイル貼り付け材の性能比較。左がキーセル社のTRIO、右が従来品の貼り付け材
(ドイツキーセル社TRIOと従来品のタイル張り付け材比較)

このようにTRIOは重りを乗せただけでほぼ裏面に張り付け材が回ります。
少ない叩き込みでタイルの裏面にしっかり張り付け材を回すことが出来ます。
そのため、浮きやボンドの空洞部分が出来ることによる割れが極端に少ないです。
また、強度が出るのも早い。
バケツに入れておくと、翌日にはカチカチになります。


動画:タイル張り付け材の機能性 硬化速度比較と硬化確認|キーセルTRIOと従来品【有限会社原田左官工業所】

黄色いバケツのキーセルTRIOは翌日にはカチカチです。
鉄のバケツの従来品はまだ中身は柔らかく棒が刺さってしまいます。

タイルを張った翌日、無理やり剥がしてみるとこのように張り付け材はもうカチカチになっています。

TRIOはこのように早くしっかりと強度が出るため、剥がれない強固なタイル床を作ることが出来ます。

また、今流行りの洗い出しネットストーンもこのキーセルTRIOで綺麗に張れます。


動画:洗い出しネットストーンをキーセルTRIOで貼り付けて施工【有限会社原田左官工業所】

キーセルTRIOのタイル張り付け材で貼られた洗い出しネットストーン
(洗い出しネットストーン 原田左官 キーセルTRIO張り)

次にS1,S2

最近流行りの3mくらいある大判のタイルが張れる接着材です。

このSシリーズは弾性を兼ね揃えているため、3m程度の大きなタイルを張るのに適しています。

大判タイルを立てて支えている3人の男性
(大判タイル)

そして、目地材も凄い。


タイルに目地材を詰めている。キーセル社研修にて
(タイル目地材研修 ドイツキーセル社にて)

タイルに目地材を詰めている。キーセル社研修にて

汚れない、削れないなどの機能性がある目地材は日本にもありますが、
キーセル社の目地材は機能に加えてカラフルで発色が良いものがあります。

赤や青、黄色などかなりハッキリとした色の目地材があります。

様々な色の目地材。赤や青、黄色などの目地材で施工されたタイル
(赤や青、黄色など様々な色のタイル目地材)

青の目地材と緑の目地材で施工されたタイル

また、キラキラのラメを入れたものも。

様々な色やラメ入りの目地材で施工されたタイルが数種類並んでいる
(様々な色やラメ入りの目地材で施工されたタイル)

そういった発色の良い目地材を使用すれば、こんな化粧室を作ることも出来ます。

モザイクタイルに赤目地で施工した化粧室の床と壁
(モザイクタイルに赤目地で施工した化粧室の床と壁 原田左官 ドイツキーセル社研修にて)

モザイクタイルに赤目地で施工した化粧室の床と壁

モザイクタイルに赤目地で施工した化粧室の床と壁

モザイクタイルに赤目地で施工した化粧室の床と壁

モザイクタイルに赤目地で施工

太め目地専用のFという材料もあります。


キーセル社の目地材Fで乱形の石張りを施工
(キーセル社目地材Fで乱形の石張り 原田左官講習会にて)

これは乱形の石張りの時など目地が太くなる時に使う目地材。
2㎝程度の太め目地で詰めても、目地ヤセが無く、クラックが入ることもありません。

キーセル社の目地材Fで乱形の石張りを施工


動画:太めの目地専用の目地材「キーセルF」 乱形の石張り試験施工【有限会社原田左官工業所】

この目地材を使って、こんなサンプルも作ってみました。
乱形テラゾ板の目地入れ仕上げ。

乱形のビールストーンをキーセル社の目地材Fで目地入れ仕上げ施工
(乱形ビールストーンに目地材Fを使用)

ビールストーンのテラゾ板を乱形に割り、目地を取ってFを詰めました。

施工手順はこうです。
テラゾをハンマーで破壊したものを用意し、

乱形のビールストーンにするためにハンマーで割って破壊された状態のビールストーン

目地材Fを詰めます。

乱形のビールストーンを目地材Fで目地詰め

乱形のビールストーンをキーセル社の目地材Fで目地入れ仕上げ施工。目地詰め直後の状態

テラゾを金継ぎのように補修する?そんな面白い見え方になりました。

そして、このスポンジ鏝も機能的。

これはBauteamというメーカーのもので、キーセル社と同じドイツの会社です。

Bauteamのスポンジ鏝とバケツ
(Bauteamのスポンジ鏝と専用バケツ)


動画:ドイツスポンジ鏝セットの使い方|サンプル3種類作成【有限会社原田左官工業所】

日本でも目地のスポンジふき取り鏝は普及していますが、この製品はスポンジの性能が良いだけでなく、水切りローラーが3本あり、そのうち一つの高さが若干高くなっています。
これにより、水切りがスムーズになっています。
また、バケツの底が中央に向けて角度が付けてあり、汚れが中央に溜まりやすくなっています。
ちょっとしたことですが、このような機能があり、目地のふき取り・水切りが非常に楽になっています。
バケツにはタイヤも付けられるので、大面積の床の目地ふきにはものすごく活躍します。

Bauteamのスポンジ鏝用バケツ。着脱式のタイヤを取り付けた状態
(Bauteamのスポンジ鏝用バケツ タイヤあり)

詳しくは動画でご覧ください。
Bauteamの商品説明ユーチューブはこちら。


動画:MAXIMO PROFI Fliesen Wasch System

また、日本のたたき板のような硬いスポンジ鏝もあり、凹凸のあるモザイクタイルや洗い出しネットストーンで活躍するものもあります。

原田左官では、世界にある良いものは使っていこう!という精神でいろいろな国の材料・道具をテストしています。

海外のものが必ずしも優れているわけではありませんが、これからも良いものがあればどんどん取り入れていこうと考えています。

これからの原田左官の取り組みにご期待ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お問合せ先

有限会社原田左官工業所
113-0022 東京都文京区千駄木4-21-1
電話番号:03-3821-4969 FAX番号03-3824-3533

左官のミライ通信「Sakan Concierge(左官案内人)」

発行元:有限会社原田左官工業所・株式会社エイチアール
発行責任者:有限会社原田左官工業所 原田宗亮
HomePage:http://www.haradasakan.co.jp/
メールアドレス:sakan@haradasakan.co.jp

PAGEの先頭に戻る