×
×

2018年 原田左官の取り組みをまとめてみました。

2018年 原田左官の取り組みをまとめてみました。

今年も1年間、原田左官のメールマガジンをお読みいただきましてありがとうございました。
今回は年末号。原田左官の2018年の取り組みについて振り返ってみたいと思います。

ビールストーン大流行

まず、今年はビールストーンが非常に流行しました。
強靭で表面強度も高く、尚且つ割れにくいというビールストーンの価値が業界でも認知され、従来のセメントの研ぎ出し仕上げに代わりビールストーンを取り入れていただく現場が増えました。

ビールストーン カウンター天板に使用
(ビールストーン カウンター天板に使用)

ビールストーン カウンター天板に使用

ビールストーンは強靭で割れにくい機能を持つ研ぎ出し専用のセメントなので、その中に綺麗な石や蓄光石など様々な変わった骨材を入れることでオリジナルの研ぎ出しが作れるのも魅力の一つです。

ビールストーン カウンター天板に使用
(ビールストーン 金色のガラスを入れた仕上げ)

ビールストーンについては過去のメルマガ・ブログをご参照ください。

メルマガ「ビールストーン・研ぎ出し 海外の骨材の魅力」

メルマガ「ビールストーン 壁面使用の魅力と注意点」

ブログ「ビールストーン 暗闇で光る 蓄光石入り仕上げ」

丈夫で割れにくい研ぎ出し仕上げが出来るというビールストーン(BEALSTONE)の良さがようやく世の中に認知されてきたようです。
これからもっともっと広がっていく仕上げです。

オルトレマテリア認知度UP

業界に浸透してきたといえば、イタリアの左官材料「オルトレマテリア」もじわじわと認知度が上がってきました。

オルトレマテリアは樹脂系の左官仕上げ材。
元々は床材として開発され、重機が通ってもビクともしない強度を持っています。

オルトレマテリア 床での使用
(オルトレマテリア 床での使用)


そしてこの弾性。

オルトレマテリア 弾性の試験
(オルトレマテリア 弾性の試験)

オルトレマテリア 弾性の試験

オルトレマテリア 弾性の試験

色落ちもせず、発色の良い仕上げが長持ちします。

オルトレマテリア 鮮やかなサンプルの一部
(オルトレマテリア 鮮やかなサンプルの一部)

フラット仕上げであれば、このようにシャワールームの床・壁を一体化して同じ仕上げで巻き込むことが出来ます。

オルトレマテリア シャワールーム 床・壁に使用
(オルトレマテリア シャワールーム 床・壁に使用)

オルトレマテリア シャワールーム
(オルトレマテリア シャワールーム)

対候性にも優れていて、外部に使用してもまったく問題ありません。

オルトレマテリア 外部の柱に施工
(オルトレマテリア 外部の柱に施工)

オルトレマテリア 外部の柱に施工

強い・弾性がある・発色がいいということが魅力のオルトレマテリア。
フラットの施工も多いですが、今まで見たこともない様々な意匠が作り出せるのも特徴です。

最近当社でも装飾的な柱を施工しました。

オルトレマテリア 丸柱に施工
(オルトレマテリア 丸柱に施工)

オルトレマテリア 丸柱に施工

オルトレマテリア 丸柱に施工

いかがでしょう?
オルトレマテリア これから注目の左官材料です。

Webカタログ-オルトレマテリアはこちら
https://www.haradasakan.co.jp/webcatalog/oltremateria/

洗い出しシート

そして今年は台湾の施工研修も非常に勉強になりました。

この台湾製の洗い出しシート

洗い出しシート
(洗い出しシート)

これを使って、台湾では現在、外壁にタイルの代わりに施工することが増えつつあるそうです。

マンション 外壁が洗い出しシートでの仕上げ
(マンション 外壁が洗い出しシートでの仕上げ)

こちらは住宅の外壁。
笠木も色違いの洗い出し仕上げになっています。

住宅外壁 洗い出し仕上げ
(住宅外壁 洗い出し仕上げ)

こちらは室内での洗い出し仕上げ。

室内壁 洗い出しシート仕上げ
(室内壁 洗い出しシート仕上げ)

室内壁 洗い出しシート仕上げ

3分程度の大きい石の洗い出し仕上げが壁面で施工できるというのがこの洗い出しシートの最大の魅力。


施工中の模様はこちら


動画:台湾 洗い出しシートの施工【有限会社原田左官工業所】

このようにネット状のものを専用の張り材で張っていきます。
ネット状なので柱や梁にも簡単に施工することが出来ます。

台湾ではなんと天井の施工例も数多くありました。

日本でも外壁に大きな石の洗い出し仕上げ!
という意匠を見てみたいですね。

Webカタログ-洗い出し仕上げはこちら
https://www.haradasakan.co.jp/webcatalog/webcataraidashi/

原田左官ではこのようにいろいろな材料への取り組みを行った1年でした。
来年もより面白い素材や左官仕上げを皆様へお伝えできるように活動していきます。
今後ともよろしくお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お問合せ先

有限会社原田左官工業所
113-0022 東京都文京区千駄木4-21-1
電話番号:03-3821-4969 FAX番号03-3824-3533

メールマガジン「Sakan Concierge(左官案内人)」

発行元:有限会社原田左官工業所・株式会社エイチアール
発行責任者:有限会社原田左官工業所 原田宗亮
HomePage:http://www.haradasakan.co.jp/
メールアドレス:sakan@haradasakan.co.jp

PAGEの先頭に戻る