薄塗りで強度のある左官材 ベルギー『MORTEX COLOR』

薄塗りで強度のある左官材 ベルギー『MORTEX COLOR』

薄塗りで強度のある左官材 ベルギー「MORTEX COLOR」(原田宗亮)

 

今回は次世代の左官材料「MORTEX COLOR」(モールテックスカラー)の紹介です

今回以降もメールマガジンなどでモールテックスの施工例などは紹介し続けております。
メールマガジン:モールテックス(MORTEX)の魅力

Webカタログ:モールテックス

キッチンガスコンロ周りのキャビネットにモールテックス

この商品はカテゴリーとしてはセメント系の薄塗り左官材になります。
1mm-3mmの塗り厚でコンクリートの5倍程度の表面強度が発揮される材料です。
また、セメント系でありながら、微弾性があるため、コンクリート・モルタル下地に限らず、
MDFやベニヤ、硬質ウレタンフォーム等に塗ることが出来る仕上げ材です。

MORTEXは他のグレードとして防水性能があるエトンシュ、
骨材入りの研ぎ出し仕上げビールストーンがありますが、
今回はモールテックスカラーに絞ってお話をさせていただきます。

この材料はベルギーのBEAL(ビール)社が製造しています。
BEAL社はセメントを含む特殊建材を製造しているメーカーで、
土木・建築の現場での様々な問題解決に対応し、商品開発をしてきた会社です。

モールテックスの施工例など詳細はこちら
Webカタログ:モールテックス
https://www.haradasakan.co.jp/webcatalog/webcatamortex/

今回紹介するモールテックスカラーには以下の3つの特徴があります。

・薄塗りなのに強靭(表面強度がある)


・セメント系で弾性を持ち合わせている


・石模様や研磨コンクリートの意匠性


以上の3つが特徴となります。

今までの左官薄塗り材はどうだったかというと、
弾性があるものは金ゴテ押さえ仕上げが出来ないので、
フラット、鏡面な仕上がりが欲しい場合はセメント系や石灰系の材料を選んでいました。
セメント系・石灰系の薄塗り材料の場合、
立ち上がり・壁面に使用する場合はよいのですが、
天板・床面などは表面強度が少ないため、あまりお勧めしませんでした。

このモールテックスカラーの場合は、
表面強度があるため、テーブルの天板でも問題なく使用できます。
そのため、テーブルなどを作成する時に、
天板・立ち上がり部分を1つの材料で巻き込んで作ることが出来るという特徴があります。





左官で全て什器を包みたい、テーブルを側面まで1つの材料で仕上げたい
という要望は今までも多く頂いていましたが、
強度的に問題があるため、天板は人工大理石、
立ち上がりは左官で仕上げるというのが今までの納め方でした。

このモールテックスカラーであれば、表面強度が十分にあるので、
天板・立ち上がりを巻き込んで仕上げることが出来ます。
また、うす塗りで出来るというのも非常によい点です。

薄塗りで表面強度が出る秘密は、
様々な硬化スピードのセメントが配合されていることにあるようです。
初期に硬化反応が始まるものと、ゆっくり始まるものが組み合わせることで、
出来上がった物体が隙間無くしっかりと結合されたものになり、
表面強度が高いものになるようです。

コンクリート風のテーブルを作る場合では、
本当にコンクリートを打設するとなると日数、費用、重みなど問題が多く、
また、左官・大工・配筋屋さんなど様々な工種を呼ぶ必要があります。

モールテックスカラーであれば、
下地があれば、左官だけで薄塗りでコンクリート風のテーブルを軽量で作ることが出来ます。
また、下地処理をすれば硬質ウレタンフォームでも塗ることが出来るので、
手軽に左官仕上げのテーブル・什器を作ることが出来ます。









輸入の材料なので、材料費は少し割高ですが、
人工大理石を取り付け、その後に左官を施工することと比較すれば、
モールテックスカラーで一貫して施工したほうがトータルのコストは抑えられます。

不思議なのがセメント系なのに弾性があること。
これは混入する樹脂が、弾性力をつけているようです。
薄いベニヤに塗った見本でここまで曲げても割れません。



モールテックスカラーのもう一つの魅力は研ぎだすことによる意匠性です。

表面を軽く研ぎだすことで、研磨コンクリートのような肌合いを出すことが出来ます。

鏝押さえでも十分強度は出ます。鏝押さえ、研ぎ出し 2つの表情を比較してみました。

鏝押さえ、右が研ぎ出し面です。


研ぎ出したほうが骨材が磨かれ、色が若干濃くなります。

鏝押さえアップ


研ぎ出しアップ


研ぐほうがやはり工程が掛かる分、割高になります。
好みに合わせて選んでいただければと思います。

天板などに使用する場合は研ぎ出しをし、トップコートをかけたほうが長持ちします。







また、防水性能のあるエトンシュと組み合わせることで、
シャワー室や浴槽もモールテックスシリーズで仕上げることが出来ます。
詳しくは当社へお問い合わせ下さい。







当社での施工例は店舗床・壁面・什器があります。
(施工の一部をご紹介します。)





薄塗りで強靭、研磨した表情が魅力のモールテックス。
什器、テーブル、意匠性をもたせたい壁などに是非、ご検討下さい。


参考文献・協力
BEAL INTERNATIONAL
BEAL社 HP
http://www.beal.be/


最後までお読みいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

お問合せ先

有限会社原田左官工業所
113-0022 東京都文京区千駄木4-21-1
電話番号:03-3821-4969 FAX番号03-3824-3533

メールマガジン「Sakan Concierge(左官案内人)」

発行元:有限会社原田左官工業所・株式会社エイチアール
発行責任者:有限会社原田左官工業所 原田宗亮
HomePage:http://www.haradasakan.co.jp/
メールアドレス:sakan@haradasakan.co.jp

PAGEの先頭に戻る