×
×

ピューロメタロ

金属左官仕上げ - ピューロメタロ

イタリアIdealWork社より発売されている金属左官材「ピューロメタロ」(Purometallo)。
(ピューロメタッロと表記することもあります。)
鏝やローラーを使い、わずか数ミリの塗り厚で金属特有の光沢感を表現することが出来ます。金属左官仕上げの中でも特にダメージ加工された金属の肌を仕上げることに向いている材料です。年数を経た味のある金属の肌、ワイルドな表情を持ったスクラッチ肌の金属を新しい仕上げ面に作り出すことが出来ます。
塗りこめたものは90%以上が金属そのものなので、色合い・風合いは金属そのものです。

仕上がり面は強靭なため、同一の材料で天板や床にも使用可能です。

標準金属は6色。鏝やローラーにより多彩な表情を作り出すことに向いている金属左官仕上げです。

標準金属の種類

原田左官 オルトレマテリア_メタッロフルイド 標準金属

  • BRONZO(ブロンゾ:青銅) BRONZO(ブロンゾ:青銅)
  • FERRO(フェロ:アイアン) FERRO(フェロ:アイアン)
  • (オロ:合金の金色) ORO(オロ:合金の金色)
  • PELTRO(ピューター、ペルトロ:錫系の合金) PELTRO(ピューター、ペルトロ:錫系の合金)
  • RAME(ラーメ、レイム:銅) RAME(ラーメ、レイム:銅)
  • Corten(コールテン:コールテン鋼仕上げ) Corten(コールテン:コールテン鋼仕上げ)

施工例

施工例

壁面・立ち上がりピューロメタロ(PUROMETALLO)ORO 海外施工例

施工例

カウンター:ピューロメタロ(PUROMETALLO)ORO 海外施工例

施工例

壁面:ピューロメタロ(PUROMETALLO)ORO, PELTRO 海外施工例

施工例

壁:ピューロメタロ(PUROMETALLO)CORTEN, FERRO 海外施工例

サンプル・お見積等お問い合わせはこちらから

お仕事お問合せフォームへ

ピューロメタロについては、過去のメルマガ、ブログでもご紹介しています。
こちらも合わせてご覧ください!

PAGEの先頭に戻る